株式会社 ハリカ水原店・五泉店

冠婚葬祭の豆知識

知っておきたい冠婚葬祭の一般的な知識やマナーなどを集めました。

結納について

ふたりの結婚の意志が固まったら、婚約に進みます。恋愛、見合いのいずれの場合もそうですが、 ふたりが結婚を口約束しただけでは結婚は成立しません。
婚約の方法はいくつかありますが両家 の親や友人・知人といった第三者が立ち会う事が必要です。

一般的には

  1. 結納を交わす。
  2. 婚約パーティくを開く。
  3. 婚約記念品を贈り合う。
  4. 婚約通知を出す。

といったもので、いくつかを組み合わせて行うことがあります。
最近は簡略化される方向にありますが、本人を中心に両家で話し合い、 内容は簡単でも結婚へのけじめとして、きちんと取り交わしておく必要はあるでしょう。

■婚約記念品

最近は結納をするしないにかかわらず男性からは婚約指輪を、女性からはネクタイピンやカフスボタン、 時計などを贈るケースが増えています。婚約指輪は立て爪の誕生石かダイヤモンドが一般的のようですが、 とくにこだわらず、相応の予算の中で自由に選んでかまいません。結婚指輪と重ねてはめることを想定して 選んでおくとよいでしょう。

ただし、結納を交わさないときは、婚約記念品の交換を本人同士だけでなく、家族や友人の立ち会いのもと に行って、婚約を明確にしましょう。

■誕生石とその意味

誕生石 意味
1 ガーネット 友愛、忠実
2 アメジスト 心の平和
3 ブラッドストーン 勇気
4 ダイヤモンド 清い心
5 エメラルド 幸福、愛情
6 パール 健康、長寿
7 ルビー 情愛、威厳
8 サードオニックス 夫婦、幸福
9 サファイア 誠実、徳望
10 オパール 幸福を獲得
11 トパーズ 友情、友愛
12 トルコ石 成功

結婚式の準備

婚約がととのったら、さっそく結婚式、披露宴、新婚旅行、新生活のための準備を始めます。
準備しなければならない事柄は実に多いので、ふたりでスケジュール表をつくり、チェックしていきましょう。

結婚はふたりのためのものですから、よく話し合ってふたりを中心に、両親や周りの意見を参考に準備を進めます。
一方だけが熱心になってしまったり本人たちよりも親が積極的になってしまうことのないようにしましょう。

仲人は第三者的な立場でアドバイスしたり、両家の意見をまとめる役をつとめたりします。

子供の祝い

子供に関する儀式や行事は、妊娠5ヶ月めにする「帯祝い」から始まり、出産後は子供の成長に合わせていろいろとあります。

妊婦や子供の死亡率が高かった昔は、無事な出産や成長を願う儀式や行事がたくさんあったのですが、現在では数が減り、内容も簡略化されてきています。

確かに医学の進歩により、無事であることのほうがあたりまえになってきている現代ですが、親としての自覚を深めるいい機会として祝っていきたいものです。
ただし、儀式や行事の本来の意味をとらえることなく、ただ形だけが華美になっていくのは考えものです。

人生の祝い事と年中行事

人生の節目にはいろいろなお祝いがあります。それぞれの祝いには、一般的にはこれを贈るとされている品物があります。

あまり親しくないお付き合いであったり、相手の好みがわからない場合は一般的なものにするのが無難ですが、できれば相手に本当に喜ばれそうなひと工夫をしたいものです。たとえば長寿の祝いなら、遠く離れていて日ごろ会えない子供や孫の写真や動画をデジタルフィトフレームに入れてお送りするすることで喜ばれる場合もあります。

喜ばれる「お祝いの贈り物」

様々なお祝いで贈って喜ばれる品目と、贈る時期や心得などをまとめました。

目的 品目 時期と心得
妊娠 5ヶ月めに腹帯を。全般にはマタニティウェア、妊娠・出産に関する家庭医学書、育児書、胎教のCDなど。 赤ちゃんに関するものは早すぎるので、妊娠中に役立つものを。
出産 ベビー服、肌着、よだれかけ、ベビーチェア、ベビーカー、ベビーベット、子供用布団、ベビータンスなど お七夜(生後7日)からお宮参り(生後1ヶ月)まで。
ベビー服は重ならないよう大きめのサイズのものを。
お宮参り 妻の実家から出産祝いのときに、お宮参り用の祝い着を贈る慣わしもある。 ごく身近な間柄でなければ、とくに品物でのお祝いは必要ない。
お食い初め 祝い膳用の器セット、離乳食用の食器セット、ベビーフードの詰め合わせ、食事用のベビーチェア、離乳食用の調理器具セットなど。 ごく身近な間柄でなければ、とくに品物でのお祝いは必要ない。
初節句 男の子には鎧、兜、武者人形、鯉のぼりなど。女の子にはひな人形、舞踊人形など。ほかにはおもちゃ、宝石箱、オルゴールなど。 半月前ぐらいから当日(男5/5、女3/3)まで。
段飾りやメインのお飾りは実家から贈ることが多いのでそれ以外の人は重ならないように、事前に先方に問い合わせて。
初誕生日 バースデーケーキ、菓子、おもちゃ、絵本、アニメなどのVTR、洋服、花など。 バースデーケーキを贈るときは先方に事前に伝えておき、名前入りにするとよい。
七五三 絵本、おもちゃなど。 親しい間柄なら服や装飾品で足りないものを聞いて贈るのもよい。
発表会 花束、菓子など。子供同士の付き合いなら小さい花束やキャンディー、ハンカチなど。 招待券をもらったときは、切符代より少し多めと思われる現金を包んでも、品物でもよい。
入園・入学
(小学校)
通園バッグ、ランドセル、学用品セット、通園・通学用の服や靴、本、図鑑、地球儀、学習机など。 決定後なるべく早く、入園、入学1週間ぐらい前まで。
先方に欲しいものを聞いて贈るのがよい。無理なら重なってもよいものを。
入学
(中学・高校・大学)
万年筆、腕時計、辞書、スポーツ用品、定期入れ、コンサートチケットなど。 決定後なるべく早く。
好みがはっきりしてくるころなので「○○を買う足しに」として現金や商品券を贈っても。
成人式 バッグ、パールのアクセサリー、慶事用のネクタイなど晴れ着に合わせるものを。 半月前ぐらいから当日まで。
冠婚葬祭に使える小物など、大人になったことを自覚させるようなものを。
就職 ネクタイ、スーツ、時計、ビジネス手帳、書類バッグ、洋服、スカーフ、アクセサリーなど。 決定後なるべく早く。
通勤に役立つものを、ひとり暮らしを始める人なら台所用品、時計、食器、スタンドなど生活に役立つものもよい。

葬儀から法要まで

葬儀、告別式が終わっても、まだ挨拶回りや事務的な手続きがいろいろあるのでのんびりしていられません。

また、仏式では死亡した日から7日ごとに法要がありますし、これらは省略しても、四十九日には忌明けの法要を営んで埋葬をし、香典返しをします、お墓や仏壇の購入についても考えておかなくてはなりません。遺族はまだ悲しみにくれている時期ではありますが、故人を無事に弔うために力を尽くしましょう。

その後は命日に年忌法要を行います。仏式では盆や彼岸もありますので、それらの墓参りの作法も心得ておきましょう。

葬儀後の知識と心得

突然の悲しみの中で暇なければならなかった葬儀が終わった後にも、さまざまな雑務があります。
いつまでもお世話役やお手伝いの人に任せきりにしておくわけにもいかず、それらの雑務は遺族が処理しなければなりません。
どんな雑務があり、どう処理するかについて、ポイントを説明します。
手早くすませなければならないこともありますので、ミスや失礼をなくすために、お役立て下さい。

■保険について

万一に添えるのが保険ですから、不幸にもその万一に襲われた場合にこそ保険を活用します。
故人がどんな保険に加入していたかをよく調べて確認します。勤務先で一括加入の「団体生命保険」や個人加入で掛け捨ての「簡易保険」などの支払金や給付金の請求手続きはなるべく早い時期にすませることが、トラブルを防ぐことにもなります。

●生命保険

保険金の受取人は、2ヶ月以内に生命保険会社に生命保険の請求をすることが必要です。

保険会社への連絡 故人が死亡時に保険料を納付していたことを確認したうえで、「被保険者の氏名」「保険証番号」「死亡年月日」「死因」をはっきりと告げます。連絡は生命保険会社の本支社、営業所へ文書通信または電話でかまいません。折り返し「死亡保険金請求書」が送られてきます。
請求者の作成と書類提出 請求書に所定の項目を書き込んで、必要書類を添付して提出します。書式は会社により多少異なりますが、記入する事項や内容は各社ともほぼ同じです。とくに面倒なものではありませんが、不明な点や特約については専門の担当営業員に相談するとよいでしょう。
保険金の支払い 保険金は通常、提出した請求書と書類を生命保険会社が受理してから、だいたい5日以内に支払われます。支払は銀行口座振込、郵便為替、小切手など、受取人の指定にもとづいて行われます。
●国民健康保険

被保険者が死亡したときに「葬祭費」が支給されます。
請求は住所地の市区町村役場保険年金で行い、支給される葬祭料は市区町村によって多少異なります。請求期間は二年間です。

故人が病気で死亡した場合、自己負担の医療費が高額医療費と認められれば補助されます。

●社会保険

被保険者が死亡したとき「埋葬料」が実際に埋葬を行った者や被扶養者が死亡したときに「家族埋葬料」が被保険者に支給されます。
受給資格は被保険者資格を失ってから3ヶ月間継続されますから、定年退職や失業によって被保険者としての資格を失っていてもこの期間内に死亡した場合は受給することができます。また、高額医療費の補助もあります。

手続きは、一部に故人の勤務先で代行する例が多いようですから、勤務先に問い合わせてください。
直接請求する場合は社会保険事務所で手続きします。請求期限はいずれも2年間です。

表書き一覧表

様々なお祝いで使われる「表書き」をまとめました。

目的 表書き 水引
結婚祝い 寿、壽、祝御結婚、御結婚御礼、御祝 紅白
(結び切り)

結婚内祝い 内祝、寿
結婚式の引出物 寿
仲人へのお礼 御礼、寿
仲人や来賓の車代 御車代、お車代
結婚式で世話になる人への心付け 御祝儀、寿御祝儀、寿
新郎・新婦の実家などへの挨拶 寿、御土産、お土産